児童と青年におけるギャンブル障害

児童と青年におけるギャンブル障害

ギャンブルには何も害はないと主張する人もいます。このような人は、自分が稼いだお金の使い道は自分が自由に決められることであり、もしお金を失ってもカジノのせいではないと言います。ギャンブルが強制されないのと同じように、薬物中毒者は薬物の使用を強制されていません。それにも関わらず、薬物の使用は公衆衛生の問題とみなされ、多くの施設や団体が問題の解決を試みています。   若者とギャンブル...